2018年6月22日金曜日

ああああああああ! : The Four Week3

ヤッバい!面白い!The Four!!!

はい!今週のThe Fourはこの4人!
いやマジでマジで。今週は見応えがあったよ!
フル動画はコチラから↓

いやあ、今日は車検なんぞのために、最初の30分だけリアルタイムで観た時点で出かけなくちゃいけなかったんですよ。

しかしねぇ…その30分は良くなかった。
The Fourによるパフォーマンスは、ロックのジェシーのためだけのような選曲でなんかバラッバラ。

しかも最初に出てきた人はお涙頂戴ストーリーによりお情けで通過したような人でねぇ。
対戦相手に指名されたロックのジェシーもまあパッとしないけど余裕だろ?って感じだったんですよ。

そんなわけでね「ホントこの番組はヘタクソなヤツしか出てこねえな!」「ケっ!」とか半ギレになりながら車検に出かけたわけなんですよ。

で、帰宅後。
まあお昼ご飯でも食べながらYouTubeチェックしますかねえ。
というところで出てきた本日2番目のバトルは、陽気なマット vs ホイットニー。
このマットがとっても明るくて良い人キャラ。
歌もこの番組の挑戦者にしてはなかなか良いよ!

対するホイットニーもなんか鬼気迫るパフォーマンス。
おお~これはどっちが勝つか予測が難しい、なかなかの名勝負だったんじゃないの?!
先週はホイットニーのこと「まあ小気味よいけど?普通じゃん?」くらいにしか思ってなかったけど、今週はThe Fourの一員らしく魅せるパフォーマンスができてたと思うわあ!

イイ感じに盛り上がってきたところで3番めのバトルは17歳のブリアナとシャライア・Jによるヒップホップ対決。
この芸風じゃ指名する対象が1人しかいませんよね。
でもあれね。関係ないけどこの番組はアメリカなのにカントリーが全然出てこないのね。
まあジャッジがジャッジだし、カントリー出てこられても扱いに困るわね。
はい。話を戻して指名したのはもちろんシャライア・J。
癌治療の影響でノドが炎症を起こしてて、声が出づらい中でのパフォーマンス。
だけど、パフォーマンス力で全てをカバーしてた。
最後に17歳に向かってハンカチ投げた時にゃ「かーーーーっけ!!!」って叫んでもうたわ!
いやもうこんなの見せられたら17歳なんて風の前の塵に同じ。
これから人生経験積んで頑張ってくれ。

そして今日最後のバトル!
今日もジェームスは最後だよ!
あ、でも今日は不戦勝ナシなのね。
挑戦者は16歳のクリス。

…ちょっと…若くて可愛いヒスパニックとイギリス人を対決させるのとかやめてくれない?
なんかPRETTYMUCHとかにおりそうな感じでダンスもできるしヤメテ。
もうずっとこんな顔→|||(-_-;)|||して観たわ。
救いは歌が大したこと無いところか?

対するジェームス。
もうなんか祈るような気持ちで観ましたが…。
ぎゃあああああああああああああああああああ!!!
何にも心配する必要ないじゃん!!!格が違う!!!かーくーがーちーがーうっっ!!!
もう本気で涙出てきたわ!アメージング!!!
1:00前後、ここまで来て欲しい!ってとこまで突き上げてくるじゃない!この人!!
でもって追い打ち欠けるように1:25からの攻めてくる感じ!
うげああああああ!!!!HELP!!!!!

しかし相手のPRETTYMUCHもどきも、ただでは引き下がらないもんで、2曲目の方が上手いときたもんだ。
いや、ジェームスよりは明らかに劣ってるんだけど、16歳じゃん?可愛いじゃん?会場の勢いで通過しちゃったらどうすんの?!
これでジェームス落ちたらキレるで?

結果はこちら!↓
「しゃああああああああっっっ!!!」本日2回目叫んだわ!

そしてなんと今日は、最初の4人が全員The Fourの座を守ったよ!!
おおぅ…男前同士で肩とか組まれると弱るわ

メーガンが言ってたけど、最初のメンバーが全員勝ち残るのは番組始まって以来初のことみたいですよ。

いやあ、なんか今回のような展開を見ると、この番組の特性が分かってきた気がするよ。
「圧倒的な力を持つThe Four」の存在が大前提よね。
そしてそのThe Fourが平常時は挑戦してくる雑魚どもをバッタバッタとなぎ倒していくんだけど、その雑魚の中にたまにキラリと光るものを持った人が混ざってて、The Fourに取って代わるという弱肉強食ドラマが生まれる構図ね。
これが上手くいくと、すっごい面白い番組になるんだと思うわあ。

あ、しかしいくら光る人が出てきたとしても、優勝はジェームスでお願いします。
つか優勝するだろ、これ。

当初はジェームスのみが目的で観ておりましたが、番組も面白くなってきて嬉しいわ!
来週もジェームスの素晴らしいパフォーマンスが見られますように!!



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


2018年6月15日金曜日

本日ジェームスは歌いませんでした : The Four Week2

はーい。今週の"The Four"。
先週1人入れ替わったので、この4人が今週のThe Fourであります!


フル動画はコチラ。


予告でジェームスが歌ってるところが全く映らないので、嫌な予感はしてたんですけどね。
今日は挑戦者からの指名が無く、ジェームスは出番がありませんでした。
 でもまあ最初のThe Fourによるパフォーマンスでとりあえずちょっとだけでも歌声が聴けたから良しとしよう。
下の動画の2:22からです↓


…しかし"The Four"ってめっちゃ視聴者数が少ないみたいなんですよね。
他の歌合戦番組と比較してみますとね、
アメリカンアイドルの最新シリーズのプレミアが10.48ミリオン。
The Voiceの最新シリーズプレミアが12.31ミリオン。

だのに今シーズンのThe Fourプレミアは2.2ミリオン。
アホみたいに少なくね?
末期のXファクターUSのS3プレミアですら6.45ミリオンだったってのに。

いろいろしょぼい感じはしますが。
でもまあ見てたらしょぼいなりに面白くなってきたよ。

今日一番盛り上がったのは、最初のThe Fourの中で先週1人だけ指名されなかったSharaya J。
ラッパーだしこういう番組ではなかなか指名されないよね~指名されたところですぐ消えるんじゃ?的に思ってたんですが、予想に反してとってもカッコよかった!

最初の方リズムとズレちゃっててハラハラしたけど、パフォーマンス力でそんなこと忘れさせた感じ。
挑戦者もラッパーだったし、挑発合戦ラップバトルで面白かった!

最初の紹介ビデオで知ったんだけど、このシャライアは乳がんのステージ2だったらしく現在も治療中なんだって。
そんな状態なのに、この力強いパフォーマンス。
すごいわあ。応援する!

それともう1人、妙に気になるのが最後に出てきたJessie Kramer。
なんか…お顔がキレイ過ぎない?
目の色もキレイやしお肌もツヤツヤやし。
こんなキレイなお顔にヒゲ面だとこの人思い出しちゃうわ。
そしてですね、こんなキレイなお顔なのに、泥臭いロックが好きみたいで歌声がダミ声。
いや、良いんですけどね…このギャップゆえにすごく不思議な雰囲気を醸し出してる気がするわ。
すごい好きってわけじゃないけど、来週も見たい感じに気になるので勝ち上がって良かったです。

そんなわけで来週のThe Fourはこの4人。

来週こそはジェームスが歌うはずなのでね。
熱烈にチェックしたいと思いますよ。

じゃまた。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2018年6月8日金曜日

ジェームスが "The Four" に出演!

キタ!
The X Factor UK 2014 の Stereo Kicks から4年…
ついにジェームスがキタ!!!

アメリカのテレビ番組"The Four"に出演ですよ!!

"The Four"は、アメリカのFOX系列のテレビ局で放送されてるシンギング・コンペティション番組。
今年の1月に始まったばかりの新番組で、今日はシーズン2のプレミアでした!

内容はどんな感じかというと…
まず番組側が集めてきた4人(The Four)の実力あるシンガーがイスに座ってます。
で、オーディションを勝ち抜いてきた挑戦者が、その4人に取って代わるためにまずはジャッジの3人の前でパフォーマンス。
ジャッジ3人分のブルーリングが点灯したら、The Four の1人を指名して、その椅子を掛けて戦うことができます。

The Four → 挑戦者の順で歌い終わったら、今度は観客がその場で投票。
すぐに結果が発表され、勝った方がイスに座ることができます。

…Xファクターの6チェアチャレンジを思い出しちゃいますね。
でもホント、延々これをやるだけだからすぐ終わっちゃうみたいよ。
1つのシーズンが6週間だけだもん。

しかしとにかく!このアメリカのテレビ番組にですね!ジェームスが出演してるわけですよ!すごい!
長かった!ここまでホント長かった!


…ええまああの…私はね…この4年の間にね…
 あっち行ったりこっち行ったりですね…
 まああの…いろいろとキャッキャ言っとりましてね…
 あの…一途に待っていた訳でも何でもないんですがね…

…でも嬉しいの!!!嬉しいのだよ!!!

はい。そんなわけでフルで観たい方はこちらからどうぞ。
今回の出演者の関しては「まあどうでも?」みたいな人ばっかりだったのでいちいち取りあげませんけども、そんな人ばっかりだったからか何なのか、ジェームスの素晴らしさが群を抜いておりました!突き抜けておりました!

まず最初のThe Four 紹介ビデオを見てよ!
ちょっと!"I Can't Make You Love Me" 歌ってるよ!
ほれ、アレよアレ!ジェームスがアリーナオーディションで歌った曲だよ!
もうめちゃくちゃ進化してるよね!
17歳の時から歌はすごく上手いんだけど、なんて言うの?ほとばしるパッションみたいなものはなかったのよね。
それがまああなた!アメリカの歌番組で披露しても遜色ないほどのエナジー漲るパフォーマンスができるようになって!!!
ここ数年カバーも全然出さないしほぼ歌声を聴いてなかったんだけど、地道にトレーニングを積んでいたんだなあ。
こんなにも上手くなっていたとは良い意味で想定外。

それにあれだわね。
今までは歌唱力に表現力が追い付いてなかったけど、21歳になって、ガールフレンドなんぞもできたりして、歌に感情を乗せることができるようになったんじゃないですかね。
…まあこのガールフレンドとはお別れしちゃったようなんですけどね。
ラッブラブだったんですけど、今年の2月くらいにジェームスがアメリカへ行く直前に突然お別れした模様。
たぶん"The Four"への出演が決まったジェームスの夢のために、別れを選んだんじゃないかと思いますよ…。
イイ子ね…化粧はごってりしてるけど…。

ああ、全くの余談ですけどね、Stereo Kicks彼女ネタ。
なんと最年少チャーリーにもガールフレンドができたようですよ。
ケバいですけど?!!そうなの?!!!


はい。余談はさておき。
ジェームスは本日の番組最後の挑戦者に指名されてパフォーマンスすることのなったんだけど…何とその挑戦者というのがレベッカ・ブラック!

ほれ、7年前に"Friday"っていうあまりにツッコミ要素の多すぎる曲が違う意味で流行った、あのレベッカ・ブラック!

今回の出演では13歳の時よりは上手くなってますけども。カラオケレベルですね。
だのに3人のジャッジからとりあえず合格をもらって、対戦相手にジェームスを選ぶという暴挙に出たよ!

そこからのジェームスのパフォーマンス。
何も言わずにとにかく見て!

ぎゃあああああああ!!!凄くない?!ものごっつい進化してない??!!!
モーションやらエモーションやらパッションやら弾け飛んでない?!!!
格が違うやろ、格が。
赤子の手をひねるようなもんやろコレ。
気の毒にレベッカ・ブラック…。
でもとりあえず頑張ってベストは尽くしたみたいよ。
結果はもちろん…

…ふう。大丈夫だとは思ったけど、相手が有名人だから一応緊張したわ。

The Voice US とかだとそれはもうすごいシンガーが出てくるからどうかと思うけど、この番組くらいのレベルならジェームスの歌唱力は圧倒的なんじゃないかな。
ていうかね、むしろ優勝させてデビューさせるための戦略じゃないかと思う。

だって2年前に書いたんですけどね、ジェームスはロドニー・ジャーキンスのレーベルと契約してるんですよね。
Rodney Jerkinsさん(@rodneyjerkins)がシェアした投稿 -


ロドニー・ジャーキンスのレーベルというのは、Republic Records の系列。
Rodney Jerkinsさん(@rodneyjerkins)がシェアした投稿 -


そしてですね、"The Four" の優勝者が契約できるレコード会社というのは…
そう。Republic Records。
いや、これはもうねえ?

…てな感じで、またあれやこれや憶測暴走させてますけど。
いいの。ジェームスなら大丈夫なの。
だってゴリ押ししたところで実力が無ければ視聴者が納得しないじゃない。

ジェームスはあるんだもん。実力。
これから5週間、毎回素晴らしいパフォーマンスを見せて、挑戦者をバッタバッタとなぎ倒して欲しい!
全米の視聴者を圧倒して欲しい!
そして優勝してデビューして欲しい!

これから毎週楽しみだ!




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2018年4月13日金曜日

エド・シーランの大阪公演に行ってきた!

最後にブログ書いたのはいつ?
去年の12月か…あの頃はJoelのことばかり書いてたわね…。
そんなJack & Joel 熱もすっかり冷めてしまいました今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。
お久しぶりです。マイコです。AB型です。
 でもJack & Joel Tシャツは買った。

いやあ、いろいろあったんですよ。
まず1月に長男のセンター試験でしょ。
その1週間後に愛媛の私の父親が亡くなるでしょ。
お葬式の日に三男インフルエンザBになるでしょ。
2月には母親を近くに住ませることにしたから賃貸探して契約するでしょ。
長男の二次試験でしょ。
3月には父親の四十九日法要でしょ。
長男合格したから他県まで家探しに行って賃貸契約でしょ。
母親と長男の新生活用品購入やら引越しやらでしょ。

なんやねん!いろいろ重なり過ぎやっちゅうねん!!
とりあえず父親の幼少期の写真が可愛かったのでこの世に存在してた証として載せときます。

近況報告が長くなりましたが、そんなこんなでエド・シーランのライブ。
本来なら去年の10/25に行われる予定だったのですが、皆さんご存知のようにエドが骨折して延期になっておりました。
あれから6ヵ月…いや6ヵ月あっても、なんやかんやで歌詞を覚えたりするような心の余裕がなく気付けば前日。
大慌てで今回のツアーの動画を探して、みんなで歌う部分だけでもちゃんと覚えとこうと一夜漬けで予習いたしました…。
いやあ、いくら期間が空いても追い詰められないとやらないものね。

そんなこんなでついにやってきました!エド・シーラン 大阪公演!
曇ってたけど雨は降らなかった

私はSS席のチケットを取ったんだけど、前から22列目。
…微妙じゃない?
30列目からはS席よ?
しかも目の前には推定175cmほど身長のある男子。斜め前にも推定170cmほどの男子。
合間を縫ってみるしかないやん!
もうSS⁻席ってことで¥15,000くらいにしてもらえないものだろうか。

よく見える席だったらスマホで動画撮ろうかな~と思ってたのですが断念。
Twitterで交流させてもらってるhummingbirdさんがたくさん撮影してシェアしてくれたで、このツイート動画をお借りしつつ感想など述べたいと思いまーす!

1曲目 "Castle On The Hill"
洋楽の人って開演が押すイメージがあったんですよ。
10分20分遅れは当たり前みたいな。
だけどエドは19時ピッタリに照明が暗くなり、その10秒後くらいにはもう曲が始まってた!すご!なに?この誠実さ!
Ed Sheeran🍊さん(@teddysfotos_)がシェアした投稿 -

スマホ撮影しないと決めて開き直ってたから、もう最初から全開!飛びまくり!
この曲はDivideの中で一番好きなので、予習無しでも歌えるし!
「アーイムオンザウェイ!!!!!!」ですよ。
いやもう毎回1人で行って、よくまあ1人でこんだけ最初から騒げるもんだと自分でも感心しますよ。
しかも今回はお隣に高松から1人で参戦の女の子がいて、開演前からおしゃべりなぞ楽しませてもらってたので 、一緒にスゴイスゴイヤバいヤバい言いながらはしゃぐことができました。
こんなところ読んでない思うけどありがとう!

1曲目が終わった後「骨折で日程変更しちゃってごめんね」とのMC。

もう~hummingbirdさんこんなのまでちゃんと撮って共有してくれてホント嬉しい~!

2曲目 ”Eraser”
 この曲が始まる前に「最初にループステーションの説明させてね」ってエドの足元の映像がスクリーンに映ったのよね。
こちらはBBCの画像
これを使ってその場で弾いたり叩いたりしたギターの音とか自分の声とかを録音してどんどん重ねていくパフォーマンススタイルなのよ。
あれかな、グラストンベリーで「ヘッドライナーのくせに生バンド無しでカラオケに合わせて歌うとか」みたいなアホな批判をされたから、前もって説明するようにしたんだろうな。

…いやしかしこのループステーション。
私、正直なめてました。
エドのライブを観た人の感想を見かける機会って多いけど、たいてい「たった1人でギター1本でこんな大きい会場の観客を魅了できるなんて!」っていう感じなのよ。
だけどさ、いやいやいくらなんでも「1人でギター1本にしてはすごい!」っていう感じでしょ?って思うじゃない。いくらなんでも生バンドの音に比べたら地味よね?とか思っちゃうじゃない。
私のような頭の固い凡人の想像力には限界があって、心のどこかで「(ギター1本にしては)スゴイ」っていうことなんだろうな~とか思ってたんです。
もうね、大間違いでした。
ギター1本にしては…とか思わないのよ、というか気づかないのよ。
「ああ~スゴイ~なに?この音の拡がり、迫力…ああ~素晴らしい~…っておい!1人でやってんのかよ!」という感じ。この感じ。分かってもらえるかしらん。

そして3曲目。
3曲目 "The A Team"
バラードなのでいけるかな?と思って、自分でも最初の方だけちょっと録画してみましたが、やっぱり歌いたくなって途中で止めちゃった。

この曲はMV見てからなんか辛すぎてあんまり聴いてなかったんだけど、今回久しぶりに見たらやっぱり辛かった。
でもこの曲では、どこの会場でも観客がライトを灯すのよ。
それがなんか、みんなが小さい灯を持ってて懸命に生きてる、みんながちょっとずつ優しさを持ってる、この世って捨てたもんじゃない、っていう希望のように見えてものすごく美しかった。
 4曲目 "Don't / New Man"

この曲聴くとエリーゴールディング思い浮かべちゃうわね。どうしても。
まあそれは置いといて。
前日に予習した時に見た動画はロサンゼルスでのライブだったんですよ。
で、この曲で一部ラップの部分を観客に歌わせるところがあって、みんな大声で歌ってるから、ああ英語圏は違うね~と。
でもさすがに日本じゃやらないだろうね~歌えるわけないじゃんラップなんて~と思ってたんです。
そしたらやったし!ビックリよ!
念のため覚えてたから歌ったけども、さすがにここばかりは観客の声が聴こえなかったわ。エド、日本でラップ歌わすのは勘弁して。

5曲目 "Dive"
わー!この曲も大好き!
しかもこれは大丈夫!全員歌える!
「ドンコーミーベイビー――!!」と熱唱いたしました。
私いつもそうなんだけど、ライブでもないとちゃんと歌詞を見ないんですよね。
なんとなく雰囲気で曲を聴いてるもんで、けっこう思い込みで内容を理解したつもりになってたり。
この曲もそうなんだけど、今回初めて歌詞をちゃんと読んで超トキメいたわ。
それに今回のライブで目撃したんだけど、エドって曲の途中とかでたまにチラって横見て「ちょっとすごい楽しいんだけどどうしようかな」みたいな感じで戸惑ったように笑うのよね。あ、ちょっと妄想も入ってますけどね。
なんかもうケイティペリーが「みんな付き合いたがってる」って言ってたのが分かるわ。
モテるわこれ。そういう時の表情たまらんわ。

はい。若干暴走し始めたところで6曲目。
6曲目 "Bloodstream"

ぎゃああああああ!
2015年にBBMAsで見て以来、一度は生で見てみたいものだと焦がれていたBloodstream!!

もう気持ち的には最前列で聴いてたテイラースイフトにでもなった気分ですよ!
最後の方のギター叩き始めたところから、もう何度も動画で見たあの瞬間がキタ!キタ!!!という感じ。
つま先から頭のてっぺんまでもう血やら熱やらゴワ――――っと音を立てて駆け上っていく感じ!!
うわもう昇天レベルやわ。
曲の後も隣の高松女子つかまえて「アメージングやな!アメージングやな!!」共感を強要する始末。
ああもうすごい。もう一回見せて!!!

7曲目 "Happier"

コチラは私の撮った数少ない動画から。
ここへ来て斜め前の推定170cm男子がイスに座ったのよ。
おかげで見やすくなりました。
しかしエドの歌声。
激しい曲ではシャウトっぽい声も出してるのに、全然疲れてくる様子が無いのよ。
いくら売れてても生歌が微妙な人ってたくさんいるけど、エドは最初っから最後までキレイな声のまま。
音程が外れるなんてことも無いまま。
ギターやルーパーのテクだけでも凄いのに、この歌唱力のレベルの高さ。
もう超人だろこれ。

8曲目 "I'm A Mess"
バックスクリーンに映る映像がエドのタトゥー!カワイイ!
でもってカワイイのに"I feel love!"のところのなんと激しくカッコイイことよ!
もうこの辺では私も完全に暴走突っ走りモードでしたね。
盛り上がってくるとなんか自己肯定感が強くなってくる厄介な性格なのでね、ちょっと周りの野郎たち私のノリについてきな!くらいの勢いでしたね。

9曲目 "Tenerife Sea"


セットリストを確認すると9曲目はいつも違うみたいだから、今回は何かな?と思ってたらこの曲でした。
まあ実は"Lego House"が聴きたかったんだけども、どうでもよくなった。
あまりの美しさに全身鳥肌。

今回の公演でエドは何度も「日本は静かに曲を聴いてくれる」って言ってたんだけど、ホントこのパフォーマンスは日本でしかできないんじゃないかと思った。
あのエド・シーランが観客に向けて一音一音大切に本気の歌を聴かせてくれるなんて、他の国では絶対ないはず。
絶対ワーワーギャーギャー騒ぐと思う。
このパフォーマンス見られて良かった!日本で良かった!と心から思いました。

歌い終わったエドも「ありがとう!すっごい静寂!」みたいに驚いたように笑いながら言ってたから、「わ~これぞ日本だ~!」て思ってくれてたんじゃないかな!
Ed Sheeran🍊さん(@teddysfotos_)がシェアした投稿 -


10曲目 "Heart' Don't Break Around Here"

この曲は他の国で行ったライブのセトリにも載ってなかったし、今回のセトリにも記載がなかったんですよ。
優しい曲で地味っちゃ地味なので、日本ならちゃんと観客が聴いてくれると思って演ってくれたのかな??とか非常にポジティブに捉えております。
Tenerife  Seaの最後に貼ったインスタの動画で全部見られまーす。

11曲目 "Galway Girl"
ああああ!これもまた大好き!
MVがめちゃくちゃカワイイよね!
ここへ来て私の前に立ちはだかる推定身長175cm男子。
これまでは彼女とともにユラユラと控えめに楽しんでおられたところを、ついに"Galway Girl!"のところで両腕を挙げたわよ!
よっしゃ!それでこそライブ!盛り上がっていこ!

12曲目 "Feeling Good / I See Fire"
I See Fireが始まるのかと思えば、いきなりFeeling Goodが始まるという。
Xファクター見てる私的にはFeelin Goodとか課題曲かよ?ってくらい毎年聴いてるからお馴染みだけど、やはり一般の日本人には馴染みが薄かったようで 周りは「あれ?なに ??違う曲?」みたいな感じだったわ。
はい。そして満を持して"I See Fire"。
 13曲目 "Photograph"
YouTubeにフルで上がってたのでお借りしてきました!
ああああああついにこの曲がきてしまったああああ。
もうこの曲は最初にMVを見たときから毎回泣いてたんですけど、またライブが素晴らしくて。このラスト部分↓
あああああああ泣く!!!
何層にも何層にも重なっていくギターの音とエドの声が、これでもかと畳みかけるように感情という感情を揺さぶってくる!
冒頭にも書いたけど、先日長男が進学のために家を出たんですよね。
小さいころから手のかかる子でこの子と離れて暮らす日が来るなんてまだまだ先だと思ってたのに、いつのまにか大きくなってしまって私のもとから離れていくんだなあと思って。
この曲は恋人同士の歌かもしれないけど、MVの映像もあって"Wait for me to come home"でどうしても長男と重なって寂しさが押し寄せてきちゃう。
ってこれ書いてる今も泣いてますけども。
ライブで聴いたらそれはもう感情の揺れ具合が半端なくて、もう途中から歌うどころじゃなくただ泣いてました。

14曲目 "Perfect"
1月に恋人のチェリーさんとの婚約を報告したエドの、彼女に捧げるラブソング。
Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -


私はエドのプライベート情報にはあんまり詳しくないんだけど、ちょっと前に海外セレブ通のライター?がエドのことを「自分の恋人に相応しいかの検査を行ったサイコパス」っていう噂をTwitterで流した…ていうちょっとした事件があったんですよね。
その時にそのライターが元ネタとしていたのが、Rolling Stone誌のインタビューだったの。
どういうことか分からなかったので全部読んで、結局はその人の曲解だと分かったんだけど。ちなみに該当部分はコチラ。

 For their first date, he took her to see him accept an award at an American Institute for Stuttering gala – "It was quite an upsetting event," Sheeran says, "because there are lots of kids that just can't get their words out." The second date was a birthday party for Adele's manager. Sheeran "tested" Cherry by leaving her alone for a few hours. "One of the main points of being in a relationship with me," he says, "you have to be really fucking sociable and good at talking to people, because I will be dragged away loads at parties and events. And Cherry's perfect at it. She makes friends with everyone."
最初のデートで、エドはチェリーをAmerican Institute for Stuttering 授賞式に連れていった。ー「それがかなりイラッとくるイベントでね」とシーランは言う。「なんでかっていうと、会話することもできないようなガキがすごく多くてね。」
次のデートはアデルのマネージャーのバースディパーティーだった。ここでシーランはチェリーを”テスト”することとなる。数時間彼女の相手ができない状態になったのだ。「僕と付き合ううえで大事なポイントはね」「むちゃくちゃ社交的でみんなと話せる人じゃなきゃいけないんだ。だってパーティーやイベントでは僕はあちこち引っ張り回されることになっちゃうからね。その点、チェリーはパーフェクトなんだよ。誰とでも友達になれる子なんだ。」

この記事を読んでたから"Perfect"の
"Well I found a woman, storonger than anyone I know"
って歌詞を読んだとき「わ~!チェリーさんのことだ~!!」って思った。
セレブ通ライターのツイートを見たときにはイラッときたけど、おかげで理解が深まって良かったわ。

15曲目 "Nancy Mulligan"
この曲だけは大阪でのライブの動画が見つけられなかったので、ちょっとズルして先月のオーストラリアでのライブの様子を貼っときます。
この曲も大好き!アイリッシュ音楽ステキね。踊りたくなる!
言わずと知れたエドのおじいちゃんおばあちゃんの結婚物語。
"Perfect"の後でこれ持ってくるとか、自分とチェリーさんに重ねているとしか思えない!
もうなんていうか幸せ気分満載!
「ダウンバイザウェックスフォードボーダっ!」のところ、歌っててめちゃ楽しい!

関係ないけどこの動画、弦が切れて取り換えた瞬間、また弦が切れてるねw

16曲目 "Thinking Out Loud"
畳みかけてくる幸せ気分!
あ、でも私の予習によると、ライブでは
"And the crowd don't remenber my name"っていう歌詞を
"And this crowd don't remenber my name"って変えて歌うから、英語圏の観客はノー!とかギャー!とか叫ぶのよ。
いやこれもさすがに日本では難しいですよ。

17曲目  "Sing"
Ryuichiさん(@major_ryuichi)がシェアした投稿 -
インスタに上がってた動画をお借りしてきました。
最後の曲と聞いて「ええーーーー?!」って思ったけど、この時点でもう1時間軽く越えてたんですよね。
ここ数年で見に行ったライブとか本当に短くて、1時間で終わりって言うのが多かったのよ。「え?もう終わり?は?」みたいな。
だから「ええーー?」とは思いつつも「まだまだ終わって欲しくない!」と思いつつも、かなり満足感が満ち満ちておりました。
うおー20,000円の価値あるわーという気にはなってましたね。
もうここまで来ると周りも大騒ぎよ。
みんな手を挙げて大盛り上がりだったよ!

そして観客に「おおおーおおーおーおーおーおおおーおおー」と歌わせたまま舞台袖へはけていくエド。
アンコールって長い人はなかなか出てこないじゃない?
「ん?これいつまでおおおー歌っとくのかしら?」とか思ってましたがすぐに出てきてくれました!なに?この誠実さ!again!

アンコール1曲目 "Shape Of You"

なんと阪神タイガースのユニフォームを着て登場だよ!
ある年齢以上の人は「バース」という名前が脳裏に浮かんだでしょうな。
なんとこのユニフォームを公演終了後に最前列の子にあげたんだって!

うわーー!もらった子いいなーーー!!

アンコール2曲目 "You Need Me, I Don't Need You"
こちらもYouTubeからお借りしてきました。
セトリを見たときは、なんでこの曲が一番最後の曲なのか分かんなかったんですよ。
たいていの人って一番流行った曲とかを最後にするんじゃないかなあとか思ってて。
だけど、今回見て納得。凄いわ。
なんていうの、ギターといいラップといいビートボックスといい歌といいルーパーといい観客との一体感といい、エドシーランができることの全てが詰まってた気がする。
最新機器とかで「現代科学の粋を集めた最先端の技術」とかいう表現があるじゃない?なんかそんな感じ。
今現在世界最高峰のものを目の前で見せられた気分。
もうね次元が違う。He is on another level!
声がかれるほど叫んで、脚がつるほど飛び跳ねました!

そして毎回エドはインスタにライブの写真を上げてるんだけど、この曲の途中で撮るのね。
もう何でもやっちゃうのね。いろいろ驚きと感動の連続やわ。

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -







あーーー終わっちゃったーーー。本当にもう1回見たい!何度でも見たい!
エドはホント、ライブで見るべき人だわ。
今日と明日は東京公演ですね!
参戦する方々!凄いライブだよ!!!楽しんできてね!!!

ではそんなこんなで唐突に終わり!

※4/14追加!
YouTubeに大阪公演のフル動画を上げてくれた方がいたので貼っておきます!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村







2017年12月21日木曜日

ホリーちゃんがキタ!

Xファクターの時からとっても仲の良かったJack & Joelとホリーちゃん。
特にジャックとは仲がよくって、ラテンウィークの時もスペイン語教えてあげたりしてたましたよね。
デートネタでも盛り上がってて、
プライス兄弟ショーンとの三角関係ネタも楽しかった!


さて!
前回のJack & Joelショー Ep3で予告されてたスペシャルゲスト!
ホリーちゃんとは一番仲が良かったけど、まさか来てくれないよね…と思ってたんですが、なんと来ちゃった!

ジャックが階段を降りてお出迎えするシーンがめちゃくちゃカワイイ!

いやしかし、ジャックとホリーちゃんがどんだけイチャイチャしててもカワイイ~って思うだけなんだけど、ジョエルと仲良くしてるところを見ると心拍数が乱れる。
ビデオ撮影終了後は、ホリーちゃんとジャックのデートタイム。
ジャックがゲイと知らなかったらただのラブラブカップルですね。

しかしゲイとはいえ、23歳男性宅に16歳の女子がお泊りってちょっとビックリしない?
まあXファクター放送中には、ホリーのお姉ちゃんがこんな投稿してたから、
タンディ家のみんなとも仲良しで信頼されてるのだということにしておこう。
 
ホリーちゃん出演のビデオは、今週末に公開されるかな?
昨日からまたジョエルが忽然とSNSから姿を消しているので、きっと動画の編集作業をしているのではないかと思われます。
楽しみ!

今回のインスタストーリーのまとめはコチラ。↓
最後の方、Rak-Su"Dimelo"に合わせて踊ってるとこ、上手くダウンロードできてなかった…。
悔しいぜ。


ジョエルの動画が少なくて消化不良なので、意味もなく19歳ジョエルの可愛すぎる動画貼ります。
一緒に歌ってるのはパパ。

じゃあそんなこんなで。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村