2017年9月24日日曜日

ルームオーディション #7

4週間にわたって放送されてきたルームオーディションも、いよいよ最終週ですよ!
今日は面白かった!

まずはフル動画再生リスト。

はい!今日は最初っからビックリな人が出てきましたよ。
いや、あんた…Emblem3と一緒に歌ってた人じゃん!
えーー?Xファクターとか出るんだ―。へー。
まあ、それはさておき今回のオーディション。
またまたシャロンのコメントが冴えまくってて感心しました。
「スペンサー、私たちはね、あなたがどんなシンガーなのか分かんないのよ。
だってあなたのやってることは、ここ10年間でやりつくされてきたような事ばっかりだからね。
あなた、すっごく良い声持ってるんだから、誰かのマネっこすることに無駄な時間を費やしちゃダメ。
自分自身でいなさい。」

超的確!しかもダメ出ししてるようで、ちゃんと褒めてアドバイスも与えている!

そうよ。シャロンって去年も冴えたコメント出しまくってて、私はすっごく感心してたのよ。
ギフティをストレートで落としたこととかが、番組にやらされてるとしか思えなくて不信感が募ったのよ。
シャロンは今年で辞めるとかいう噂があったけど本当かな?
最後ならなおさら、今年のXファクターでは冴えたシャロンのままでいて欲しいなあ。

はい次。
今回もまた兄弟が出てきましたよ。今年、多くない?
そこそこ可愛いですし、そこそこな声ですが、あの兄弟や
あの兄妹に比べると比較にならないので、まあ無理でしょうな。

次に出てきたのはなんか女子にキャッキャ言われてる28歳。
カルヴィンハリスとかクリスマーティン系の顔?
ああ、こういう顔ってモテるのか。
ちょっと私の好みと違うんでね、よく分かりません~。
肝心の歌はと言いますと、声はすごく良いんだけど、ここぞというところで盛り上がりきれない。
♪セ――――イブ のところ、あともうちょっと声張ろう!

お次の19歳のScarlett。
子どもの時の映像、白いんですけど?
なんで黒くなってんの?やまんばメイク的な?
なんか見た目も偽ってるし、歌もサイモンが言うようにヘンなアドリブばっかり入れてて聴きづらい。
さっきのスペンサーの時にシャロンが言ってたことになるけど、やっぱりこの世界で成功するためには、自分自身として勝負しなくちゃいけないんだろうな。
誰かのマネとか小手先の技術だけじゃ、多くの人の目に晒されてるうちにどんどんメッキがはがれてきちゃう。
この子はすぐはがれちゃうメッキで覆われてる感じだなあ。

次に出てきた16歳のRai-Elleは、さっきのスカーレットとは逆に、自分の持ってる魅力を最大限にアピールしてきた!
声はまだ幼いし歌もまだまだ未熟なんだけど、この表情!このパフォーマンス力!
それに歌い終わった後、急に16歳の女の子に戻ってはにかむ顔!
超可愛い!
この子良いわ~可愛いわ~。
ガールズカテゴリーも、まだ「これは!」という子がいなかったけど、この子は良いわ。応援するわ~。

そうそう、ガールズカテゴリーと言えば、今日はもう1人強力な子が出てきましたよ!
フィリピンからやってきた22歳のAlisah。
フィリピンの人って、こういう「THEオーディション」みたいな曲を選んでくるよね。
で、圧倒的な力強さで歌うよね。
なんか、このオーディションに掛ける意気込みが違うというか。
親戚全部の人生背負ってきてるというか。
今年はディーバ系が他にいないから、この子はライブショーに行けるんじゃないかなー。

あとはまあどうでも?って感じでしたが、あ、そうだ!1人強烈な人出てきたw
もう最初っからルイ爺がヒーヒー笑ってるんだけどw
なんでも、今年のユーロビジョンに出演してたらしく、ルイ爺が楽屋裏でスカウトしてきたそうな。
もうこのルイ爺の得意げな顔よ。
何度もサイモンの方を見て、
 どや?
 どや?
今年は目立ったジョークアクトも出てきてないし、ルイ爺直々のご推薦ってことでライブショーまで行きそうですな。
Oversカテゴリー自体がタレント過疎気味だし、ニコール姐さんも気に入ったみたいですしね。

ルームオーディションは明日で終わりですが、明日はあんまりおもしろくなさそうな予感~。

予告の感じ、しょうもない人ばっかりじゃない?
まあとにかくブートキャンプが楽しみです。

あ、ちなみに今日のOver Atlantic出演時間は1秒でした!
そんなこんなでまた明日~!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2017年9月21日木曜日

アイリッシュ兄弟 Sean and Conor Price

はい!
今年のXファクターの1stオーディションもそろそろ終盤。
なかなか良さげなアクトが集まってきた中で、ダントツ注目を集めてるのがコチラ。
アイルランドからやってきたショーンとコナーのプライス兄弟。

とっても気になるので、これまでの活動とかいろいろ調べてみました~。

まずお兄ちゃん。
Sean Price (ショーン・プライス)
1999年10月19日生まれ 17歳

ま!もうすぐお誕生日じゃないの!18歳になるのね。
主にギターとラップだけど、歌もやりますしサックスも吹きます。
おまけに曲も書けます。
でも歌は弟に任せた方が良いと思うの…。

加えてこのお兄ちゃんの素晴らしいところは、いつもニコニコハッピー顔のくせに、パフォーマンスになるとキリッとりりしくなるところ。
急に男前!

シンガーとかパフォーマーとして、これ、超大事なポイントだと思います!

次、弟。
Conor Price (コナー・プライス)
2002年3月14日生まれ 15歳

ま!ホワイトデーじゃないの!
もうとにかくこの子は声が良い。顔も可愛いけど。
シャウトっぽいかすれ声で情熱的に歌うとこ、ショーン・メンデスっぽいよね?ね?

Xファクターの紹介ビデオでも言ってるけど、2人が一緒に歌い始めたのはショーンが13歳、コナーが11歳の時。

弟コナーが部屋で歌ってるの聴いて、兄ショーンが「ちょ!お前めっちゃ歌えるやんか!」ってなって一緒に歌い始めたとか。
余談ですが、上の動画で↑ショーンが着てるTシャツを、2年後にコナーが着てるという。
ああ~お下がりね。男兄弟だもんね~。となんだか微笑ましいわ。

さてさて、一緒に歌い始めた2人はダブリンの路上でパフォーマンスし始めます。
ていうか、ダブリンは路上で歌うのに許可証を発行してもらう必要があるのね。

で、2016年4月には、EP出してます。
1年半前はこんなに身長差があったのね。成長期恐るべし。
しつこいですけど、このTシャツもお下がりで着てます。
EPはSpotifyでもApple Musicでも聴けるよ!
その後もアイルランドのキッズ向けチャンネルに出演したりしてるから、アイルランドではそこそこの知名度なのではなかろうか。
Xファクターでライブショーへ進んだら、アイルランド票がごっそり集まるでしょうな。

もう一組大好きなJack & Joel と編成がかぶってるから、バランス重視の番組的には両方がライブショーへ通過という可能性は低そう…。
でもさ!毎年バランスとか気にし過ぎて、視聴者が見たいアクトを脱落させるから、視聴率が落ちてるんだと思うよ?
いい加減気付こう!改めよう!
今週の放送はまだルームオーディションが続きます。
しかし!ブートキャンプと6チェアチャレンジの撮影はすでに終了していて、今週末にはジャッジズハウスの撮影が行われるとか…。

奇跡が起こって、アイリッシュ兄弟と Jack & Joel の2組ともライブショーに進めますように!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2017年9月18日月曜日

ルームオーディション #6

うん!今日全然面白くなかったよ!
フル動画再生リストはコチラ↓
4時に起きて観たけど、ブログに書くほどでもねえやとか思って二度寝しちゃったよ!

「サイモンがいない間ルイ爺が張り切ったけどロクな人出てこなかったよ」…っていう構成にしたかったんだろうけど、ホントこういうの連続で出されると時間を無駄にしたみたいでイライラしてくるからやめて。

でさ、さらにイライラすることには、この母娘なんなの?
歳も近いし親友のような母娘なんだろうけど、これは間違ってるよ。
娘も20歳だしさ、ママはもう娘を懐から飛び立たせてやらなきゃいけないよ。
娘を美しく才能豊かに育てたんだから、今ここだよ。娘を手放すのは。
これ以上母が関わったら、娘はこれ以上高みには行けない。
今まで娘のために一生懸命やってきたことも、ただの親のエゴに成り下がってしまう。
ブートキャンプには、娘がソロとして挑むことを望みます。

もうホントたいしたことない人ばっかりだから、こんな色物アクトが楽しく思えてしまったわ。
クリック…パチンっ!

楽しいけど、普通に考えて、ただでさえ混戦のグループカテゴリーに入り込める余地はないやね。
ホント、今年ルイ爺がグループ担当じゃなくて良かった。
この嬉しそうな顔を見てくれ↓
担当だったら、絶対ライブショーに通過させたよね~。
Jack & Joel とか The Cutkelvins とか落としてでも通過させたよね~。
ああ、サイモンで良かったよ。

今日まともだったのは5人だけど、その中で印象に残ったのはこの2人。

まずは16歳クロエちゃん。
エミリー・ミドルマス系と言いましょうか、アビ・アルトン系と言いましょうか、キラキラ透明感の癒し系。
ガールズカテゴリーに強敵がいなければ入り込めるんじゃないかな。
顔も可愛いし。

それと最後に出てきたGary。
1曲目は、こんなつまらない"Uptown Funk"初めて聴いたよ!って感じでビックリした。
もともと冴えないみてくれなのに、こんなアゲアゲソング歌ったら、地味さが強調されて冴えなさ倍増!
だけど、2曲目はまるで別人のようにステキに見えた。
この人はパフォーマーじゃないんだよね。シンガーなのよね。
曲に魂を吹き込んで、聴き手に伝えるタイプのシンガーなのよね。
そこをずーっと勘違いして29年間やってきちゃったのかな。
まあ、サイモンのいるXファクターで冴えないみてくれの人がライブショーに進むとは思えないので、そこそこまでなんでしょうけどね。
これが転機になって、今後のシンガーとしての活動が良い方に向かうといいね。

あとのそこそこ上手かった3人は、あんまり好みではありませんでした。
19歳Taliaはとっても落ちついた声で上手いんだけど、たまげるほど上手いわけじゃないし、むしろ19歳らしい若々しさが無くてワクワクしない。

20歳Harryは顔がダメ。

17歳Imagenは青い。

はい。そんなこんなで、若干やさぐれモードでお送りしました。
てかさ、今年グループカテゴリー強すぎじゃない?
噂によると、ここに新ガールズグループも入ってくるんでしょ?
まあ、こいつらも入れといてやるか…

ニコールが「自分が担当するOversには優勝者がいないと思う」とか言っちゃってることだし、もう今年はOversやめて、グループを6組に倍増させようや。

そんなこんなでまた来週。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2017年9月17日日曜日

ルームオーディション #5

※ちょっと最初にお知らせ
愛媛に住む父の体調が悪いので、マメに帰省しなくちゃいけなくなっております。
予告なくブログお休みしたり、コメントいただいてもなかなかお返事かけなかったりするかもしれません。
まあ、そういうときは「愛媛行ってんだな~」って思っといてください。

はい!そんなわけでルームオーディションも5回目。
まずはフル動画再生リストでーす。

今日は大した人出てこなくて、途中で眠たくなってきてたんだけど…最後に凄いの出ちゃったよ…。
えーーーーーーーーーー。
どうすんのーーーーーー?
Jack & Joel 危うしでしょーーー?

いやもう、弟の歌い方はショーンメンデスみたいだし、兄のラップはエドシーランみたいだし、旬のアーティストの良いとこを集めたようなスタイル。
しかも若い!
そのうえ顔もカワイイ!
ていうかゴメン!私自身がJack & Joelじゃなくてこの人たちでも良いや…とか思っちゃってる!
動画の2:53あたりのような、ラップの人と歌の人の声が合わさるやつ、これ私めちゃくちゃ好きなの。
やだ!もう!この人たちにもライブショー行って欲しい!
どっちかだよね~。Jack & Joel とかぶってるもんね~。
2人組で、1人ボーカル、1人がギター+ビートボックス。
もう一方は1人ボーカル、1人がギター+ラップ。
内容は全然違うんだけど、パッと見の編成が同じだから、番組的にこの2組が同時にライブショーへ進むことは難しい気がする~。
ああ~悩ましい~。
どっちが通過しても嬉しいし、同時に胸が痛むわ。
あああああ~。

はい。あとはまあ、どうでも?って感じでしたが、印象に残ったのはこちらの17歳。ベンジーくん。
いや、自分でも言ってるけど笑い方がww
「うっひっひ!」「くひっ!」とかもう、しまいの方にはこっちも一緒に笑っちゃったわ。
でもこの人、すっごい緊張しいだけど、歌い始めるとすべて忘れるタイプね。
歌い出しは、まだ動きもぎこちなくて世界に入りきれてない感じなのよ。
でも2:40あたりからは外野のことをすべて忘れて曲の中に入り込んでるみたいに見える。
歌と動きがピッタリ合って、とってもエモーショナルなパフォーマンスができてるわあ。
とっても良い子そうだし、歌いだしから入り込めたらブートキャンプも大丈夫そう。

路上で歌ってるというGregorは、本日の「後でもう一回歌ってね」枠。
最初にギター弾きながら歌ったときは、そこら辺にいる路上歌うたいの1人って感じで、印象に残らない。個性が埋没しちゃってる。
…みたいなことを言われ、のちほどもう一度歌うチャンスをもらいました。
2回目は帽子も上着もギターも外して歌だけで勝負して4YESもらったんだけど、なんかスゴイしんどそうに聴こえたのは私だけ?
♪ステ―――――――イのとこなんか聴いてて息苦しくなってこない?
それにこの人の顔、歌ってない時の方がカッコいい。
 去年のThe Brooksもそうだったんだけど、歌ってる時の方が魅力が無いって、シンガーとして致命的だと思うのん。

22歳のNicoleは16歳の時以来2度目の挑戦。
とっても気持ちよく声が出てるわあ。
でもサイモン的には、上手い女性シンガーがゴロゴロいる現在のマーケットで、この人が収まる場所があるかどうか…っていう観点で見ると足りないと。
先週のDeannaよりよっぽどきれいな声だと思うんだけど、確かに個性はDeannaの方があるなあ。
個性ってそれこそXファクターというか天性のものだから、なかなかこの短期間で次のレベルに持ってこいと言われても難しいよね。
でも、逆に切羽詰まった状況だからこそ、今まで越えられなかった壁を乗り越えられるかもしれないし。
そういう瞬間が見たいやね。

個性という点で見れば、34歳のTracyも良いのかも。
ライブに行けるほどの力はない気がするけど、なんか存在感があって印象に残る歌声。
人生を重ねてきた深みと言いましょうか。
歌う前に自分のことを”普通”って言ったトレイシーに、シャロンが
「”普通”って言葉は使わないの。だってそんなもの存在しないから。そう思うことですらしちゃダメ。」
って言ったのが印象的でした。
こちらもまあ歳を重ねてるだけに、含蓄のあるお言葉。

あとは誰だっけ。
ああ、25歳のRussell。
最後の方ボロボロだけど、まあ全体的には楽しくてよろしいわ。
でもこういうジャズ風シンガーは、Xファクターでは限界があるよねえ。

それと最初に出てきたこの人。
どう見てもネタアクトだと思ったけど、意外と上手い?
2014年にThe Voice UKにも出演したらしいから、結構本気で歌やってんのね。
まあ、あんまり先へは進めないと思うけど、とりあえず3YESで通過。

あ、で歌のことじゃないんだけど、57歳のBeverleyさん。
こういうオバサンってお約束のように”I'm 57 years YOUNG."って言うのね。
絶対使わないようにしよう…って思いましたー。

以上です!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2017年9月11日月曜日

ルームオーディション #4

はーい!今日の放送でもチャーリーのバンドがチラ映りしたよ!
けっこう使うな。
チラ映りばっかりじゃなくて、本オーディションを見せて欲しいわあ。
でもこんなに映すなら、まだ可能性はあるよね。
ブートキャンプも、他の注目アクトと一緒の組になれば映るだろうし。
引き続きチェックしときたいと思います!

さてさて、本日のフル動画再生リスト。


昨日の夜にXファクター公式アカウントのツイート見て、次はえらくレベルの高そうな人たちが出るなあ…と思ってたのよ。
最初に目に付いたのがこの人たち。
兄妹らしいんだけど、ビジュアルクオリティ高過ぎじゃない?!
と思ったら、真ん中の子は元ネオンジャングルの子なんだって。
ああ~だよね。素人の見た目じゃないよね。
一人ひとりはそれなりに上手いんだけど、歌い始めのハーモニーのフニャフニャさはなんぞ。
兄妹とはいえ、3人で活動し始めてから間もないから、まだ練習不足なのかな?
でもまあ、ちょっと練習を積めば即戦力になりそうですな。
華があるからライブショーに進むかも~。ああ~Jack & Joel ~。

コチラも、ナチュラルビューティーって感じで気になっていたDeanna。
カリブ海の島、アンギラからやってきたそうな。
遠いけど、イギリス領みたいだから、ビザとかの問題はないんですよね?
いや、上手いんだけど、なんというか声に重みが無いというか巧く歌ってるだけというか…聴いててしんどいわ。
こんなしんどい歌よりもアリシアキーズとか歌った方がキャラにも合っててステキな感じだと思うんだけどなあ。
まあでもいいとこまでは行きそうですね。

お次もはるばる飛行機に乗ってやってきたフィリピン男子3人組。
違うだろーーーーー!
絶対選曲間違ってる!
この見た目でこんなハーモニー聴かせるしっとり曲やっちゃったら、アジアののど自慢みたいでしょ!
なんかもっとアジアの混沌としたパワーみたいなもの求む!

昨日の予告写真に写ってた最後の人はこちらのAiden Martin。17歳の時にもXファクターに出場して、ブートキャンプまで行ったそうです。
昔の彼女との別れを歌った"Punchline"っていうオリジナルソングなんだけど、もうすっごいエモーショナル。
「自分はおちゃらけててみんなを笑わせてばっかりの人間だけど、みんなと同じように傷ついたり感じたりもする」「自分はジョークじゃないんだよってことを伝えたい」
ああ~いつもふざけて明るく振舞ってる人こそ、心の中は傷ついてて無理して頑張っちゃってるのかもしれないなあ。

で、さっきThe Sunに記事見て知ったんだけど、この人過去に犯罪歴があるらしい。
その時21歳で若くて、調子に乗ってやっちゃったことをすごく後悔していると。

今回の歌は、表向きは昔の彼女へ向けたものだけど、彼女に向って歌ったんではないと思う。
たぶんずっと自分を支えてくれてるパパとママに、まっとうに生きてる自分を見てもらいたかったんじゃないかな。
大丈夫だよ!パパとママはずっとそばにいて応援しているよ!(T_T)

はあ~勝手に感情移入して泣いておりますが、続いてはコチラの冴えない男の子。
このクマのぬいぐるみ的キャラ。
2015年のチェくん思い出すわ。
チェくんよりいろんな意味で幼いけど。
苗字が”Quick"さんだから「素早い?」って聞かれて「いいえ」とか言ってるし、つくづく愛されキャラ。
しかし、この子どもの頃の可愛さよ!
どこでこうなった!
選曲もこの子の雰囲気にとっても合ってて良いです。
もうちょっと突き抜けた見せ場を作れたらいいんだけどな。
まだ人前で歌うどころかボイストレーニングもやったことないっていうから、伸びる可能性がありそう。18歳だしね!

残りの18歳イケメンとか、ハリ(ソン)・スタイルズとかフラーの曲歌った子とかは、さほど印象に残らなかったな。
まあ動画が短いせいもあるでしょうが。

しかし今年はあんまりジョークアクトが出ないよね?
今回出たのも2人だけ。
 全てが怖いこの人↑とか。

去年の"Friday Night"を狙って失敗した人とか。

ジョーク好きのイギリス国民からは「つまんない」とかいう声もあるみたいですが、私的には無駄が無くてありがたいです。

では今週はこの辺で!


2017年9月10日日曜日

ルームオーディション #3

寝坊しました…起きたら4:45だった。
今日の放送は4:00~5:15だったから、30分弱しかリアルタイムで見られなかった~。

本日のフル動画が上がったら再生リストに追加しときますね~。

今年って土曜日の放送がちょっと短くなったのね。
去年までは基本的に土曜日2時間、日曜日1時間だったと思うんだけど。

しかも去年まで本編終了後にやっていたXtraファクターが無くなって、Xtraバイトとか言う動画が公開されるだけ。

去年までは、本編で紹介しきれなかったオーディションを、Xtraファクターの方で放送したりしてたよね。
今年は放送されるオーディションがだいぶ減るってことなのかな?
視聴率も下がってるし、スポンサーも変わったし…でいろいろ模索してるんでしょうかね。

はいはい。それでは今日のオーディション。
一番好きだったのは、パリ出身の29歳、Kevin Davy White。

29歳に見えない!38歳くらいかと思った!
女の子たちが、アクセントがどうのこうのってキャッキャ言ってるけど、ホントなんだか優雅な話し方。落ちついた低い声で喋るのが、とても魅力的ね。
歌声も良いわあ~。こういうのブルージーな歌声って言うの?

でもこの人、去年The Voiceフランスに出場したらしいんだけど、誰もボタン押さなかったみたい。
えーー?なんで誰もボタン押さないの??
The Voice USでも、1人くらいは押してくれそうなレベルだと思うんだけど??

Xファクターでは頑張って欲しいけど、去年のpeytonみたいに意味わかんないうちにサクッと落とされそうな予感もします。

次に好きだったのは、空港でVIPの案内係してるTalia Dean。
こういう迫力ボイス好き~!感情のぶつけ方が好き。
ニコールとデュエットしたら、白熱バトルみたいな感じになって面白そう。

マクドで働いてるというレベッカの声もなかなか良いと思う。
去年、人気があったけどジャッジズハウスで落ちちゃったケイトリンが歌ったよな~と思って聴き比べたら、レベッカの声の方が好みだった。
媚びない感じの歌い方が好きよ。

このドリューって人もプロらしいんだけど、まあ良いんじゃないでしょうか。
動画短いわ!もうちょっと聴きたい感じ。
でも裏を返せば、これ以上聴かせるほどの見せ場は無かったということか?

コチラのシングルファーザーは、今回のドラマ枠。
何回歌っても、やっぱり歌はぱっとしないんだけど、ダ―モットにごっついなついてる娘が可愛すぎました。

本日登場したグループカテゴリーのアクトは2組。
Jack & Joel 推しの私としては、めっちゃいいグループ出て来たらどうしよう…とビクビクしているんですが、今日のところはパッとしなかったから大丈夫そうだ。

このジャスティンビーバー意識し過ぎてる双子は歌い方がイヤ。
去年のライアンもそうだったけど、ジャッジの目を見やしねえ。自分のことカッコいいと自覚し過ぎてる人って、目を逸らしながら歌うのかしらん。カッコいい俺に酔ってるように見える。
しかしここでルイ爺が放ったコメントが秀逸。
意訳ですけど
「キミらがジャスティンビーバーに似てるなら、Jedwardがサイモン&ガーファンクル似てるかもって思てまうわ。」
あらま!今年のルイ爺は冴えてるじゃない!この調子でお願いします。

続いてはこちらの男女混成グループ。
Only The Youngみたいに完成度高かったらどうしようかと思ったけど、遠く及ばなかったので安心。ジャッジの評価は良いけど。

あとはあえて書くまでもないか…って感じです。
ではまた明日!

2017年9月9日土曜日

1週目 再生回数ランキング

きゃ!最初っから推しがいると楽しい!
はーい。
日本時間の明日午前4時から、Xファクター2週目のルームオーディションが放送されますが、なんか居ても立っても居られないので1週目の再生回数ランキングなんかやっちゃう。
毎週ここまではできないかもしれないけど、もうどうにでもなれ!
勢いでやってしまう!

それではXファクター2017、1週目のYouTube再生回数ランキングでーす!

1位 Grace Davies
1,599,408回
ああ~。でしょうね。私の好みではないけれど、良いというのは分かります。
この人は「ほぼプロ!」「やらせやらせ!」とかゴシップ紙では書かれてるけど、今更ねえ~。プロもやらせも、いちいち騒ぎ立てることじゃあないでしょうよ。
あ、でも「ほぼプロ」っていうのは本当で、ジャネット・デブリンと同じマネジメントに所属してて、ハウスメイトらしいですよ。


もうXファクターに真っ向勝負みたいなもんは求めてないんで、感動させてくれればそれでいいです。

2位 Kayleigh Taylor
1,374,174回
ええ?!意外!
あ、でもこの人も過去の素行が悪かったらしく、いろいろゴシップ紙に書かれてるから、その影響かな?と思っておこう。

3位 Shanaya Atkinson-Jones
1,253406回
この人が2位かと思ったよ。ジャッジ泣いてるし。
さっき聴き直してみたけど、やっぱり私には分かんないわ。

4位 Holly Tandy
1,250,574回
おお!15歳ホリーちゃん!4位か。注目されてるのね。
ていうか、10代はまだこの子だけだもんねえ。
今のところ全体的に、20代後半の人が多い印象なんだけど。
今年のOversカテゴリーは何歳からなんだろう?

5位 Rak-Su
921,651回
うう…こいつらか…。この人たちはグループカテゴリーなわけでしてね、Jack & Joel 推しの私にとってはもはや敵としか思えないわけでしてね、あんまり頑張って欲しくない次第であります。

6位 Anthony Russell
898,782回
この人は好き~。
でも見た目が地味だから、いいとこまで行ってもシークレットガーデン歌わされる系の人だと思います。

7位 Jack & Joel
876,535回
キャー――!やっと出てきた!遅いよ!
順位でこそ5位のRak-Suに負けてますけどね、評価では勝ってますからね!
今週はずっとこの人たちの動画を見てたんだけど、ジョールの素晴らしいビートボックス動画を見つけたからぜひ観て!

ああああああああ!すーごーーいーーー!

はい。お察しでしょうが、Jack & Joel が出て来たらあとはどうでもいいんで、順位だけ書いときます。

8位  Sam Black

 9位 Nicole Caldwell

10位 Elisangela

11位 Gaga Load

 12位 Georgina Panton

 13位 Lloyd Macey

 14位 Jack Smith

 15位 Rwanda Shaw

16位 メキシコ野郎
やっぱダメじゃん。メキシコ野郎。



以上です!