2018年9月18日火曜日

※ネタバレ注意※ Xファクター新グループ情報

壮大なネタバレですよ!
知りたくない方は絶対に見ないでね!!


皆さん…今年のThe X Factor UK…
例年に比べて何かが物足りないと感じていませんか?

そう!グループが出てこない!!
だってここまでで通過したグループってこの3つだけよ?
Misunderstoodはカッコいいから良しとして、後は合唱団とオペラおっさんよ?
かわいらしいボーイバンドやガールバンドは、これまでのところ皆無ですよ!

去年なんてグループ大豊作だったのに。
ん?ちょっと待てよ?
ということは、去年途中で辞退したチャーリーのバンドは、今年に出場してればいいところまで行けたんじゃないのか?
まあアレですね…人生タイミングってことですね…。


さて話が逸れましたが、今年のグループ枠。
こんだけオーディションに登場しないってことは、考えられることはただ一つ。
そう!新グループを作るってことでしょ!


※ここからネタバレ!注意!!※

アリーナオーディションの段階で、すでに一組女の子デュオが誕生しましたよね。

なんとこの子たち以外に、少なくとも3組のグループが 新しく作られるらしいことが分かりました!

1、ボーイバンド:vibe 5


左から1番目 Blaise

左から2番目 Jon Guelas (18) 

左から3番目 Jack Tisdall

左から4番目 Elliot Horne

一番右 Kieran Harrison (21)

vibe5はすでにTwitterアカウントがあります。


見た目はまあまあ良いけど、なにせまだ誰もテレビで放送されてないもんだからよく分かんない。
歌もちゃんと歌えるといいんだけど。


2、ガールバンド:Sweet Sense

左から1番目と4番目 お揃い服の子
Billie Tomo / Charlie Tomo
お察しの通り双子。
"Dejavu"というデュオで出場したそうです。

左から2番目 Ellie Grant


左から3番目 Kezia Povey (15)

一番右 Gaia Cauchi (15)

こちらも見た目が良いわね。
ただ一人放送済みのケジアちゃんは、やっぱりグループ加入ですね。


3、デュオ

これはちょっとビックリするわよ。

昨日のブログの次回予告で取り上げたパンダさん。

そして、2週目に出てきたバーガンディ。

いやいやいやいやいや!!!!!
似たようなキャラだとは思ったけど、まさかこの2人を組ませるとは!
ビク―――リね!!!
しかしこれは、ものすごい迫力パフォーマンスが見られそうじゃない???
早く見たい!!

もしかしたらもっと作ったのかもしれないけど、分かったのはこの4組です。
こんなにグループ作りまくるシーズンも珍しいよね?

…あ、それとネタバレついでに言っちゃいますけど…
私が一番気になってるオジー君。
ちょっと残念な感じに脱落するらしいという書き込みを見つけてしまい、ガックシという感じです…。

じゃ!そんなこんなで!



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

2018年9月17日月曜日

アリーナオーディション #6 4/4 次回予告に情報が詰まり過ぎ

今日はクドクド書かなかったから早く仕上がったわ。

これまでのブログはコチラ↓

パート2「ダルトン / ネイサン」
http://potter90210.blogspot.com/2018/09/6-24-dalton-nathan.html

パート3「Dee Lush / Shan」

本日の出場者については書き終わったんだけど、今回の注目はなんと言っても次回予告!

30秒の予告にありとあらゆる情報が盛り込まれすぎている!


まず最初に出てくる「サーーイモーーーン!ガッハッハ!」と笑うこの人!
アメリカ XファクターS2を見てた皆さん!
パンダさんですよ!
パンダさんがUKに来ましたよ!!

めっちゃ面白いオーディションで人気があったのに、これ以降は全く放送されずに知らない間に脱落してたのよね。
S3にも出場してたけど、本編では放送されずじまいでした。
まさかUKまでやってくるとは!

そういえば今日の放送のオープニングで、チラッと映ってたわ!

パンダさん以外にも、来週は今まで出し惜しみしてたヘンな人を一気に持ってくる予感。

して、アリーナオーディションの終了後は、ジャッジたちが6チェアチャレンジに進む人たちを選定。

そして出場者をいくつかのグループに分けて結果発表。
うおーーー!この辺りから盛り上がってくるよね!
来週が楽しみすぎる――!!

早くも心は来週に飛んでおりますが、今回もまた投票を作ったので、ぜひ参加してね!





そしてそして!
今回の出場者のTwitterアカウントも載せときまーす。







来週も楽しみ!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

アリーナオーディション #6 3/4 Dee Lush / Shan

はーい。
細切れアップ パート3。
本日の出場者は残り2人。
これまた両者ともに良い感じよ。


パート2「ダルトン / ネイサン」
http://potter90210.blogspot.com/2018/09/6-24-dalton-nathan.html

まず最初は教師をやってるという32歳のDee Lush。
予告で腰振る動画がしょっちゅう流れてたから、てっきりジョークアクトかと思ってたわ。
おお~!カッコいいですな!
しかし若く見えるわね。
10歳サバ読んで22歳と言っても通用しそう。

パフォーマンスした曲は9/14にリリースされたばかりの、オリジナル曲みたいですよ。
気合の入ったサイトもあるし、教師はやめて音楽に専念することにしたのかな?
いや、同じラッパーでもハニーGとは大違いですな。
まああれはあれで楽しかったけど。
この人も、ライブショーまで行ったら楽しいパフォーマンスが見られそうね。

でもラッパーってさ、なんかギラギラしてるじゃない。
先日のカーディbとニッキ・ミナージュのケンカ見た?
すごくない?
これ見てから、
こんぐらい激しい人じゃないと女ラッパーとして大成できないんじゃないか?
という偏見が芽生えましたのよ。
そんなわけで、このキュートな印象のDee Lushのラッパーとしての行く末がちょっと心配よ。

本日最後は25歳のShan。
まず顔がカワイイ。
喋る声も落ち着いてて良い感じ。
そして歌声も落ち着いてて気持ちよい。
1:11くらいの"These hands could hold the world but it'll~♪”のところ!
ここの声の出し方たまらん!
こういうちょっとしたスパイスを効かせられる人 好きよ~。
まあ曲が壮大なのでそこに引っ張られた感もあり、今回は観客大感動という感じだったけど、次で真価が問われる気がしますな。
ぜひとも本物だというところを証明して欲しいな。

そんなわけで、パート3終わり。
パート4では次回予告とか投票とかTwitterアカウントとかについて書くね!

パート4「次回予告に情報が詰まり過ぎ」
http://potter90210.blogspot.com/2018/09/6-44.html

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

アリーナオーディション #6 2/4 Dalton / Nathan

はーい。パート2でーす。

パート1「ベラ / ラニア」
http://potter90210.blogspot.com/2018/09/6-14-bella-lanya.html

まずは24歳のダルトン・ハリス。
ジャマイカ出身だそうです。
歌い始めた瞬間「平井堅?」って思っちゃいましたけども。
小さいころから貧しい家庭でいろいろ苦労してきたからなのか何なのか、哀愁漂う歌声ですわね。
最後の長く声を張り上げるところも、ちょっとブレてはいるけどなかなかね。

ジャマイカでは16歳くらいの時にオーディション番組に出場してたみたい。
レゲエのレーベルから曲も出してるみたいね。

今回のオーディションではえらく緊張してたし、感極まってたのもあって、本来の力を全て出し切ったような感じはしないなあ。
経験もあるし、6チェアではもしかしたらものすごいパフォーマンスを披露するんではないかと期待しております。


お次は、23歳のネイサン・グリスデール。
うむ。私がメガネ男子好きなのはご存知かの?

コチラのネイサンも、えらく緊張したご様子での登場です。
声に個性があっていい感じ。
でも「フォ ユゥゥ~ウ フゥゥ~ウ」のところが声出なさすぎ。
聴いててしんど過ぎ。
高音が壊滅的にダメね。この人。
緊張のせい?
地声で歌うところが良いだけに惜しい。残念。無念。

ジャッジも若ルイとアイーダは絶賛。
でもさ、今回のパフォーマンスはちょっと足りないところがあったとは思うけど、
ロビーとサイモンの「個性がない」やら「カリスマ性が必要」とかいう評価は納得できない!
個性は充分あると思うよ!

若ルイとアイーダも猛反発!
もうサイモンとか「売れる人」のイメージが固まり過ぎてて、そのイメージから外れる人の個性を発見できないんじゃないかと思っちゃうわ。

しかしまあ、舞台裏に走って行ってネイサンにアドバイスする若ルイの頼もしいことよ!
ジャッジ、メンターとしての資質を期待してなかった私を許して。

若ルイに励まされているとはいえ、このネイサンもけっこうキャリアは長いようで経験もあるみたい。
先ほどのダルトンと同じく6チェアでは良いパフォーマンスが期待できるんじゃないかなと思っております。


あ、そういえばネイサンの前にこんな人も出てきたわ。
いや、取ってつけたようにヘンな人を挟まなくていいんですけど。
今日は良い感じの人ばっかりだったから、1人くらいはヘンな人を挟まなくちゃいけないと思ったのかなあ。
どんな使命感やねん。

じゃ次はDee Lush とシャンね。
パート3「Dee Lush / Shan」

ではまた後ほど。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村