2011年1月17日月曜日

Louis Sachar  ルイス・サッカー②③④

前回読んだ”Holes"がおもしろかったので、ルイス・サッカーの本を続けて読みました。

まずはコチラ。


学校中の嫌われ者、Bradleyが主人公。
コメディっぽいタイトルと表紙ですが、なかなか深かったです。
ラスト近くでは泣きました!!!

次はコチラ。
Someday Angeline 177ページ
この作家の描く主人公は、どうも特殊なキャラが多いみたい。
この本の主人公Angelineは、産まれた時からなぜか何でも知っていて、世間からは「天才」と呼ばれています。
これまた、ラスト近くは泣けます。

で、最後はコチラ。
                   The Wayside School Collection Box Set
これは3巻セットなんですが…実は1巻しか読んでません。
ちょっとナンセンスすぎてついていけなかった・・・。
子どもは読んでておもしろいんだろうな。


児童書を続けて読んでると、何だか飽きてきちゃって…大人の本が読みたくなり、もうちょっと対象年齢が上の本を探すことにしました。

その本のことは次回。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿